同人誌の表紙を作ろう【PP加工や箔押しがオススメ】

確かなモノづくり

デザイナー

必須なアイテム

視界が開いていると常に入ってくるのが、様々な物体についている色であり特に意識することもなく見ていることがあります。しかし何気なく見ている色が、人によっては違う表現が用いられることがあるのをご存知でしょうか。このことは近年になって色彩に関する研究が進んでから、人の官能評価に頼ることなく色差という概念が誕生したのです。色の距離が定量化される色差は、重要な色の判定において極めて信頼度が高いという報告がされています。さて現代で最も色差という知識を、必要としているどういった分野になるでしょうか。色の美しさや違いをどれだけ鮮明に、人の目に表現するかを求められる分野といえばやはりディスプレイモニターが重要な機器となる企業があげられます。となるとパソコンやスマフォといった端末機器を、扱う企業はこの色差を強く意識することになるでしょう。ということは日々の仕事に必要な色差を、人の感覚に頼ることなく近代文明の力を借りて色の判定をすることが求められます。そこでおすすめしたいのが、分光測色計や色彩色差計といった測定器の存在です。二つの測定器の違いは、分光測色計は複数のセンサーで光を分光して、波長ごとに反射して測定します。色彩色差計は人の目と同じく彩度と明度と色相で、測定するため刺激値直読タイプとも呼ばれるのです。価格が手ごろで小型化されている色彩色差計は、製造の現場で用いられることが多くあります。人の目では確認できないことも、測定してくれる測定器は正確な製造にはかかせません。

Copyright© 2018 同人誌の表紙を作ろう【PP加工や箔押しがオススメ】 All Rights Reserved.