同人誌の表紙を作ろう【PP加工や箔押しがオススメ】

色を数値化することの意味

色見本

色を測定する方法

色を測定する目的として、色を正確に作り出すことや色を正確に把握することが挙げられますが、各企業では、市場に出回っている色の使用状況を分析した上で、新たな商品開発や既存商品の改善に役立てています。特に、工業製品の場合、色彩管理の厳格化が求められていて、日本においても、日本工業規格に示された色差の範囲内に収めなければなりませんが、色の再現技術は分野毎に異なることから、色差に関しても、分野毎に範囲が異なっています。色の測定は、機械もしくは目視で行われますが、どちらの方法を採用するかは、分野毎に色の見え方や色の見せ方に違いがあることから、単純に数値化させるだけでは済まない場合があります。特に、目視の場合、光源の色や光の強さの違いによって、色差の捉え方に影響を及ぼすことから、測定条件、並びに、測定担当者の判定能力に明確な基準を設ける必要があります。機械による測定の場合、色を数値化するサービスを提供している業者に依頼してデータ収集を行ったり、色を測定する機械をパソコンに接続して、測定結果をパソコン上で色差のデータ分析等に用いたりすることが挙げられます。基本的に、費用に関しては、業者に直接問い合わせなければ、詳細内容を知ることは出来ませんが、社外秘の製品を取り扱っている場合、企業内で独自に色差のデータ分析等を行う必要がある為、パソコンに接続して使用する機械に関する情報収集を行わなければなりません。尚、分析データの信憑性に関しては、必要に応じて、第三者機関へ依頼して確認してもらうことが必要です。

Copyright© 2018 同人誌の表紙を作ろう【PP加工や箔押しがオススメ】 All Rights Reserved.